レーザー脱毛を知る

今や脱毛の主流とも言えるレーザー脱毛。主にクリニックでの施術となり、費用も高額になりがちですが、簡単でスピーディーで効果をすぐに実感できるところが人気の秘密です。そもそも、このレーザー脱毛はどのように生まれたのでしょう。このサイトでは、レーザー脱毛の仕組みについて解説します。

レーザー脱毛は、元々医療用のレーザーから生まれました。ある患者の目の周りを治療している際、レーザーが当たった部分の毛が生えてこなくなったことから、このレーザー脱毛の歴史が始まったのです。レーザーは、色に反応するようにできています。ホクロやアザ、シミなどメラニン色素の濃い部分をこのレーザーが感知し、脱毛していくのです。レーザーは皮膚下の黒い部分、すなわち毛根であるとか毛穴に隠れた体毛などに照射され、その部分を発熱させます。こうして熱を帯びた体毛は、直接毛母細胞に届き、その組織を破壊してしまうのです。このように、熱によって組織にダメージを与え、組織そのものを無くしてしまうのがこのレーザー脱毛ということです。

ただ、色素の薄い部分にはどうしても反応が悪くなってしまいがちです。うぶ毛や、ムダ毛の薄い箇所などは、レーザー脱毛の効果が弱まることがあります。こういった弱点も、新たな技術がどんどん誕生しているので、近々克服されるはずです。さて、このようにレーザー脱毛はこれからも脱毛の主流を占めていくことになりますが、事故を防ぐためにも施術の際は必ず医師やスタッフと念入りなカウンセリングを行ってください。