レーザーのメカニズム

ではそのレーザー脱毛の仕組みについてです。レーザー光線というものは、その波長によってそれぞれ特定の色に作用します。そのため、ホクロやシミ、アザなどを感知することができるのです。そしてその箇所へ集中的に熱を加えて、その組織を破壊していきます。

レーザー脱毛のレーザーは黒いメラニン色素、つまり毛穴や皮膚の下に隠れた毛の色に反応するのです。レーザーを当てると、毛に熱が溜まりその熱により、毛母細胞が破壊され、その結果、毛が生えにくくなるわけです。しかし体毛自体が薄かったり、うぶ毛の場合は効果が薄れます。つまり、黒色が薄いとレーザーの反応も弱まるからです。ただ、これも新しい機種がどんどん開発されていますので、やがて改善されていくはずでしょう。

なお気を付けるべき点として、レーザーは黒色に反応しますので、色素沈着の濃い部分、例えば乳首や性器、あるいは肛門などは不向きと言えます。また、シミやアザなどが濃く残っている箇所もレーザー照射ができません。これは、逆に考えると顔に照射すると美白効果があるということにもなります。実際、この作用を利用したクリニックもあるのです。ただ利用の際は、クリニックのカウンセリングをしっかり行うことが大切です。